脇の黒ずみ アットノン

MENU

脇の黒ずみがアットノンで消える!?

脇の黒ずみは、程度に個人差がありますが、「真っ黒」というほどでない人も、やはり脇の肌がくすんでいるというだけで憂鬱になってしまいますよね(>_<)
なので、「効く」と評判のアイテムは何でも試したいところです。

 

 

そんな中、肌に残ってしまた傷跡の修復薬として売られている、小林製薬の「アットノン」が脇の黒ずみにも効果的と評判なので、気になってその効果のほどを確かめてみました(*^-^*)

 

脇の黒ずみ アットノン

 

アットノンの効果効能

小林製薬から発売されている「アットノン」は、第2類医薬品に分類される外用薬で、ドラッグストアなどで購入することができます。
お値段は15g入りのチューブで1,000円ちょっと。
非ステロイド剤であることから安心して使える感覚なので、結構売れていますよね。

 

【効果効能】
アットノンは、有効成分であるヘパリン類似物質が血流の循環を良くして皮ふの新陳代謝を促進し、皮ふの炎症を鎮めて皮ふ自体の正常化機能を回復させ、角質に水分を保持させ柔軟性を取り戻すことで、傷あとを改善していってくれます。

 

具体的には、

  1. 血行促進作用・・・血流の循環を良くして、皮ふの新陳代謝を促進します
  2. 抗炎症作用・・・皮ふの炎症を鎮めて、皮ふ自体の正常化機能を回復させます
  3. 水分保持作用・・・角質に水分を保持させ、柔軟性を取り戻します

 

 

【成分】
有効成分:ヘパリン類似物質
添加物として、セタノール、ステアリルアルコール、ポリソルベート60、
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、グリセリン、プロピレングリコール、パラベン、
エデト酸Na、ワセリン、流動パラフィン、ジメチルポリシロキサン、
ミリスチン酸イソプロピル、カルボキシビニルポリマー、
自己乳化型ステアリン酸グリセリン、スクワラン、トリエタノールアミンを含有する

 

 

以上のような「アットノン」の特性を考えると、脇の黒ずみケアには大きな効果が期待できるわけです。

 

例えば、脇の皮膚ならば、ムダ毛処理の際に脇の肌を傷めてしまうこともあり得ますので、抗炎症作用があるのは嬉しいことですね。

 

しかも、新陳代謝の促進や水分保持などは、ダメージを受けて色素が沈着した肌には、そして乾燥しがちな脇の肌のケアには最適な効果と思われます。

 

そもそも傷跡とは、赤みを帯びた色素沈着の状態であったり、ケロイド状につっぱったり盛り上がったりしている肌のこと。
そう考えると、脇の黒ずみケアにアットノンを・・・というのも頷けますね。

 

 

脇の黒ずみへの効果は?

実際、脇の黒ずみに効果があるのどうかが最も気になるところですが、次のようなケースに効果を発揮することがわかっています。

 

脇の黒ずみ アットノン

 

  • 脇のムダ毛を毛抜きで処理していた人に見られる凸凹したダメージ肌
  • カミソリで傷をつけてしまい、赤みとともに傷跡が残ってしまった肌
  • 脱毛器でやけどを作ってしまった肌

 

このあたりは口コミ情報にも多く寄せられていますね。

 

 

但し、即効性があるわけではないので、肌の代謝周期を考えると、最低でも1〜2カ月は塗り続ける必要がありますね(*^-^*)
コスト的にも負担が小さい外用薬だけに、ちょっとのあいだ続けてみる価値はありますね。

 

脇の黒ずみ アットノン

 

しかし一方で、脇の黒ずみの中でも、ポツポツとした剃り跡や毛穴の汚れ、ホルモンバランスの乱れから生じた黒ずみには効果がありません。
そういった黒ずみに関しては、抑毛効果のある豆乳ローションか、美肌成分に美白成分も凝縮配合されている脇の黒ずみケア専用クリームを活用される方が効果的です。
総合力では、専用クリームにかないませんもんね(#^.^#)

 

 

脇の黒ずみケア専用クリームはこちら→ワキや二の腕などの黒ずみに!【薬用アットベリー】

 

 

 

薬用アットベリー