黒ずみ バスト

MENU

黒ずみが気になるのは脇だけじゃない!

女子は自分の肌のことにとても敏感です。
だって、男性の目を意識することももちろんですが、女性としてのプライドもありますからね(#^.^#)

 

他のキレイな女性を見ると、自分自身もできる限りキレイでありたいと思うものなんですね。
だから、気になる部分があって、それが改善可能なものであるならば、きちんとケアしておきたいですよね( `ー´)ノ

 

 

その一つが肌の黒ずみ。
季節柄のファッションによって目立ちやすいのは脇なのですが、何も黒ずみが気になるのは、この脇だけじゃないですよね。。。

黒ずみ バストトップ

友人と温泉旅行などに行くとき、また彼ができていい感じの雰囲気のとき、気になるのはバストトップ(乳首)の黒ずみ・・・

 

ある調査のデータによると、男性もけっこう女性のバストトップの色には関心が高いんですね(゚д゚)!
やはり、かわいいピンクがダントツの人気。
女性らしいイメージがあるのでしょう。

 

黒ずみ バスト

 

一方で、黒っぽいバストトップに対しては、残念ながらあまりいいイメージを持っていないというのが事実。
「遊び慣れている感じがする」なんていうのは、根拠のないイメージだとはわかっているのですが、こうしたイメージを大事にするのが男性なのかもしれませんね。

 

バストの黒ずみの原因

では、バストトップ(乳首)が黒ずんでしまう原因とは何でしょうか?

 

バストトップの黒ずみも肌の黒ずみと同様、メラニン色素が作られていることが原因のようです。
要は、大事な肌をダメージから守るために、メラニンが生成されてしまっているということですね。

 

 

では、そのダメージとなっているものは何か?・・・それは、摩擦による刺激です。
普段ブラジャーや服に覆われて直接紫外線が当たる機会のないバストトップは、そのインナーとの摩擦によってダメージを受け、メラニンが生成されてしまっているのです(゚д゚)!

 

黒ずみ バスト

 

サイズの合っていないブラジャーをつけていたり、ブラをつけずにいたりすると、必要以上に下着や服の繊維とで摩擦を生じ、肌への刺激となってメラニンが生成されていると考えられます。

 

これを改善するためには、ジャストサイズのブラジャーを身につけるようにするのと同時に、ケアクリームをぬることで黒ずんでしまったバストトップを薄い色に戻したいですね。

 

 

ここで要注意なのは、メラニンを淡色化したいからといって、高濃度のハイドロキノンを安易に使うことです。

 

ハイドロキノンは、確かにメラニンを漂白する作用があるため、シミを改善するアイテムとしてはとても効果的です。
しかし、とてもデリケートな乳首にこれを塗ることは刺激が強すぎ賛成できません(>_<)
出産した時には、赤ちゃんがおっぱいを飲むために使わなければいけない大事な部分でもあるので、できるだけ安全な配合成分でケアするようにしましょう(*^-^*)

 

 

 

それには、デリケートなバストトップやデリケートゾーンの黒ずみケア用に開発されたケアクリーム「ホワイトラグジュアリープレミアム」がおすすめです♪

 

黒ずみ バスト

 

この「ホワイトラグジュアリープレミアム」は、レビュー評価のかなり高い人気のケアクリームで、浸透力の異なる3種類のビタミンCでメラニンに作用してくれます。

 

ハイドロキノンと同様、メラニンを淡色化する還元作用があるビタミンCならではの効果が期待できるということですね(*^-^*)

 

黒ずみ バスト

 

伸びのよいテクスチャーなので、デリケートゾーンにも塗りやすく、バストトップと併せてケアができます♪
どちらもきれいなピンク色でいたい部分なので、両方が一度にケアできるのは嬉しいですよね。

 

 

バストトップもデリケートゾーンも普段人に見せる部分ではありませんが、そのためにケアに手を抜いていては、「いざ」というときに肩身の狭い思いをしてしまいます(>_<)

 

そんなことにならないように、今のうちからケアを始めておきましょう( `ー´)ノ

 

 

ホワイトラグジュアリー