脇の黒ずみ 皮膚科

MENU

皮膚科の治療で脇の黒ずみをとる

一般的に、脇の黒ずみをとるには、皮膚科での治療が一番効果的と言われていますが、本当でしょうか?

 

脇の黒ずみをとる 皮膚科での治療内容

まず、脇の黒ずみをとる治療を行なうクリニックですが、肌に関する問題なので「皮膚科」があげられますが、正直なところ「○○皮膚科」といった個人病院では、脇の黒ずみをとる治療はほとんどやっていません。

 

大がかりなレーザー機器を用いることもあって、「○○クリニック」といった美容皮膚科においてなされることが多いですね。

 

 

そして、その施術(治療)内容には次のようなものがあります。

 

外用剤治療

メラニンに対する漂白作用のあるハイドロキノンや、皮膚の新陳代謝を促すレチノイン酸クリームを塗布することで、メラニンを無色化したり、ターンオーバーを促進したりして黒ずみを解消していきます。

 

 

内服薬による内側からの治療

メラニンの生成を抑制する効果を持つビタミンCなどの錠剤を服用することで、内側からも黒ずみをとるためのサポートします( `ー´)ノ

 

 

ピーリング

AHAなどのフルーツ酸を用いたケミカルピーリングやレーザーピーリングなど、肌の状態を見ながら古い角質をオフして新陳代謝を高めるケアを行ないます。

 

 

イオン導入

ビタミンCなどの有効成分を、イオン化することでより肌深部へ浸透するように行なう肌への栄養補給です。
電気的な反発力を利用するので、普通に肌に塗布する何倍もの浸透力が発揮できるわけですね。

 

 

レーザー治療

クリニックで行なう黒ずみ解消の治療といえば、このレーザー治療です。
このレーザーは、脱毛に用いたレーザーと同様に、黒色や茶褐色といった色に反応してレーザー光線を集中するので、色素が沈着した部分のみのメラニンが破壊されるわけです
なので、一度でキレイに黒ずみが取れなかったとしても、数回照射することによって次第に目立たないものになるようですよ(*^-^*)

 

脇の黒ずみ 皮膚科

 

皮膚科という医療機関では、黒ずみの素となっている沈着したメラニン色素を、レーザーを照射することで破壊することができるため、一番確実に黒ずみが解消できるといえます。

 

◎スイッチルビーレーザー
メラニン色素の沈着がひどい場合に適していて、沈着した色素を破壊して消してしまう方法です。

 

◎ジェネシスレーザー
肌が健康になるとターンオーバーが正常になり、黒ずんだ角質が剥がれ落ちやすくなる・・・という考えから、皮膚に適度な刺激を与えて、コラーゲン線維やエラスチン線維といった健康的な肌に必要な栄養素を増やします。

 

肌のたるみ治療に用いられるレーザーですね。

 

 

◎カーボンレーザー
皮脂汚れで詰まった毛穴に効果的で、レーザーの熱エネルギーによって毛穴の奥に詰まっている皮脂汚れを押し出してキレイにします。
脇の黒ずみ原因が毛穴汚れであった場合に有効ですね。

 

脇の黒ずみをとる おすすめ皮膚科

脇の黒ずみをとる皮膚科として最もおすすめしたいのが、「シロノクリニック」です♪

 

このシロノクリニックはレーザー専門クリニック
専門医院だけにレーザーの照射技術は他より高いと思われますので安心ですよね。
皮膚科で脇の黒ずみをとりたい場合は、こちらをチェックしてみて下さい(*^-^*)

↓     ↓     ↓

レーザー専門医院「シロノクリニック」のQスイッチルビーレーザー

 

 

 

因みに、エステで脇の黒ずみをとりたい場合には、メディカルエステ「シーズ・ラボ」をご参照ください(#^.^#)